専門の医療機関でうつを治療【アグレッシブな人生を取り戻す】

看護師
  1. ホーム
  2. 診断から回復まで

診断から回復まで

ハート

症状は変化する

うつ病は発症してから回復までかなり時間がかかります。表面的な症状は回復しても治療を続ける必要があります。その理由として、うつ病は再発しやすい病気だからです。大きく分けると三つの段階で症状は変化します。各段階の症状は個人差もあります。診断される時期は急性期で、薬物治療をスタートさせるのが一般的です。抗うつ剤、眠れないなどの症状があれば睡眠薬なども使用する場合があります。また抗不安剤が症状を和らげる場合もあります。抗うつ剤や抗不安剤はすぐに効果を発揮するものではありません。少しずつ効いてきます。投薬の量は担当医が症状を見て判断します。必要であれば薬の増量もあります。薬が効き始めると症状は良くなります。良くなったからといってここで治療をやめてしまうと、逆の病状が悪化してしまう恐れがありますので、担当医に従い続けていきます。治療中はなるべくストレスを遠ざけるような環境にすることが回復への近道となります。場合によっては仕事を休職するなど、ゆっくりと心身共にリラックスする時間を作ることが大事です。多くのケースで三か月を過ぎると回復してきます。回復期は、調子のよい日とそうでない日があります。焦らないで治療を継続します。うつ病が疑われる場合は速やかに病院を受診することが大事になります。その為に、周りの家族も変化に気づくことが出来れば早い段階で治療に入ることが出来ます。うつ病の中には、非常に治りにくいタイプの病気があります。またうつ病以外の精神疾患が発見される場合もあります。正しい診断を受けることが大事になります。長期戦の治療となりますので、自分が信頼できる医師との出会いも重要なポイントになります。病院によっては、薬物療法だけでなく、磁気刺激療法など様々な方法を行っている病院もあります。薬に頼らない方法を積極的に取り入れている病院もあります。うつ病は回復期から、社会復帰するまでの行程も大切です。再発しやすい病気なので慎重に回復を見守っていきます。復帰支援プログラムを行っている病院も多いです。長いスパンでのサポートが完全な復帰へと導きます。うつ病を発症する人の生活環境や性格なども影響していることが多く、様々な角度から見直し再発させないような治療が必要になります。プライベートな部分の話を担当医とする機会が多いので医師との信頼関係も重要なポイントになります。また長期間通う病院なので通いやすい場所で探すと通う負担を減らすことが出来ます。