専門の医療機関でうつを治療【アグレッシブな人生を取り戻す】

看護師
  1. ホーム
  2. 心の疲れを感じた時は

心の疲れを感じた時は

女の人

心の病を癒やす方法

仕事や学業、さらに人間関係などでストレスフルな現代。そういった環境下に置かれ続けているとだんだんと精神がマヒしてきて、自律神経のバランスが狂い、やがて精神のみならず体まで蝕まれるようになってしまいます。それがうつ病です。この病気の恐ろしいところは本人に自覚症状がないことで、勤勉で生真面目な方が自分を追い込み続けてしまうために発症するケースが多いと言われています。根本的な治療方法はストレスの原因から遠のくことですが、仕事がストレスである場合は職場の理解が得られにくかったり収入がなくなってしまったりするため難しいのが現状です。そのため、主には投薬治療とカウンセリングが用いられます。投薬治療では、患者の症状に合わせて向精神薬や鎮静剤、不眠の場合は睡眠剤などを処方して対症療法的に治療を行っていきます。うつ病の投薬治療はカウンセリングと並行して行われることが多く、特に重要なのが個人の固定観念や考え方を掘り下げ、ストレスの原因をなるべく感じないようにしたり、ストレスを避けるようにしたりすることです。例えば、真面目で優しい人ほど他人の期待に応えようと背伸びをするあまりに疲れてしまう、といったことがあります。この場合は、背伸びをしないありのままの自分を認められるように、心のありかたを変えていくといった手法が執られることも多いです。では、うつ病の治療を行う上で留意すべきポイントはなんでしょう。個々人の症例にもよりますが、注目すべきは二点です。まず第一に、メンタルヘルスを標榜する病院を選びます。通常の精神科でも対処はしてもらえますが、疑いがある際は専門外来などを受診するとスムーズです。第二は、一つ目とラップする部分もありますが、カウンセリングを行ってくれる、あるいはカウンセリングのみの受付も存在するような医療機関を選ぶことでしょう。ことうつ病などの心の病に関しては、もっとも重要なのは投薬治療ではなく、医師との対話の中で自分の意識を変えたり、悩みを吐露していったりする部分です。うつ病の患者に多い特徴に、真面目でひとりで抱え込みがちというのがあります。ひとりで抱え込まず、弱い部分をさらけ出して、相談できる誰かが居ると心理的にも前向きになるため、対話こそが最大の治療だと捉えられている部分も多いです。以上のような理由から、精神科でも専門外来があり、カウンセリングを行ってくれる病院を選ぶことがうつ病治療えの第一歩と言えるでしょう。自覚症状のない病気であり、自覚した時にはかなり重篤化していることの多いうつ病ですが、適切な治療を行えば症状を和らげることはできます。少しでもおかしいと感じたら、医師に相談してみましょう。